2011/11/24

「パックランドでつかまえて」読了

Filed under: — らぴらぴ @ 6:46:58

パックランドでつかまえてを読みました。
この本は、ポケモンの生みの親である田尻智さんの学生時代のゲーム体験を中心に綴ったものです。
1990年の本なのでポケモンはまだ出ていなくて、ファミコンのクインティが世に出た頃です。

本の中の話には、インベーダーゲームから、それに続くギャラガやゼビウスといったアーケードゲームが登場します。
当時はビデオゲームといえば、アーケードゲームだったのですね。
ゲームの攻略が、ゲーム好き(ゲームフリーク)の間での噂や口コミしかなかった時代のことで、30代・40代位の人にはかなり懐かしさとか諸々を感じる本なのではないかと思いました。
インターネットで全世界のゲームフリークとすぐに攻略情報が交換しあえるこの時世、その当時の体験をもう味わえないかと思うと、ちょっと残念な気もしますね。

HTML convert time: 0.354 sec. Powered by WordPress ME